このところ痴漢行為を疑われ線路に飛び降りて逃走して、
挙句死んでしまったという事件が相次いでいますね。
今日もどこかで誰かが一人、電車に轢かれて死にました。
これに関しては思うところが多々ありますが、
あえてなにも言いません。
私はこんな動画を作っているので何も言う資格はないからです。

そしてまた、
私はこんな動画を作っているからこそ
動画を通じて何種類かのメッセージを皆さんに送ってるつもりでもいます。

仮にあなたが磁石だとして、
それをあなたが自覚したい時、
話は簡単、
砂場に行けばたくさんの砂がつき、
あなたはその磁力を証明することができます。
と同時に、
砂場には犬や猫の糞尿もあったりなかったり。
時には踏んでしまうかも。
肝心なのは「砂場に行く」ことではなくて、
「あなたが磁石」だということ。
見渡せばあなたの周りは引き合うものに満ち溢れています。
それは「あなたが磁石」だから。
N極はS極と引き合うようにできているから。
そこにあるのは法則だけ。
そういうふうにできているというだけのこと。
恋人いるから・・・
他人だから・・・
言葉も交わしたことないから・・・
そんな理性的な言葉は後付けのまやかし。
まやかしは基本法則の前では無力に破け散ってしまうだけ。
理性なんて本能という食材を見てくれよく販売するための透明な包装ラップのようなもの。
爪楊枝一本で破けてしまう。
肝心なのは「見渡してみる」かどうか。
「見渡してみる」は「気づく」ということ。
「犬のウンコ踏んでまうかもしれんけど磁石はやっぱ砂場に限るぜ」
と決めつけないで。
わざわざウンコ踏みに行かなくても、
犯罪を犯さなくても、
社会のルールを破らなくても、
所詮は男と女はなんでもあり。
他人の間にこそ「透明ラップで包装される直前の真の意味での二人の世界」は構築される。
あなたは持って生まれた磁石。
そしてN極とS極は引き合うようにできている。
たったそれだけ。
それだけのこと。

 

 

おつつ